• お問い合わせ・資料請求
  • 053-460-0211

浜北区内野台 質実の家

浜北区内野台 質実の家
新栄住宅との出会い
家づくりのきっかけ
浜松に引越してきた当時、しばらくは夫婦2人で暮らすことを想定してアパートを選びました。ところが引越してすぐに子供を授かったことで住まいが手狭に。さらにアパート自体も古い建物で、夏は暑くベタベタしており、冬は暖房をかけてもいつまでも寒い上に窓にびっしりと結露・・・、ここで何年も暮らすのは嫌だ!と感じていたのも後押しとなり、我が家というものを意識し始めました。

家づくりマニアに我が家を託そう!
最初は何も知識がなく、家を建てるというと大手の住宅会社にお願いするものなのかなぁという思い込みからモデルハウスに行ってみました。しかし、どの住宅会社でも自分たちの都合のいい説明ばかりで私たちの不信感は募るばかりでした。困り果てた私たちは、当時土地探しでお世話になっていた方に「地元の木を使って、健康に暮らせる家」という漠然としたイメージを伝えたところ、紹介されたのが新栄住宅さんでした。

まずは勉強しようと早速参加した「住まい教室」で聞いた「呼吸する住まい」のコンセプトが、私たちの漠然とイメージしていた住宅そのものでした。そして、都合の悪いことも含めて、どんな質問に対しても全て的確に答えてくれた塩澤社長が印象的でした。住まい教室や完成見学会に何回か通った後の帰り道で「あの社長さん、本当に家づくりが好きなんだね。住宅マニアだよね」と夫婦二人の意見が一致したところで、「よし、マニアに家づくりを託そう!」と決めました。
家づくりの思い出
理想が現実になっていく喜び
自分たちの理想の生活のイメージをノートに書き出していく作業は想像以上に難しく大変でしたが、その作業を最初にしたからこそ、打ち合わせを重ねていく中で理想が具現化していくのが楽しかったです。また、地鎮祭で当時0歳の娘が大泣きしてしまい、内容がイマイチ頭に残っていないのも、これから住む家で語り継ぐ良い思い出になっていくのかな、と感じています。

家の完成を迎えて
アパート暮らしが長かったため、自分たちに必要な物・好きな物を選びながらつくり上げた自分たちだけの家が本当に完成するんだなぁと、まだ若干夢の中にいるような感覚です。しかし、もうすぐここでの暮らしが始まることは事実であって…とはいえ、間違いなく、自分たちの揺るぎない、心地よい居場所になってくれると確信しています。
一方で、家づくりが終わってしまう寂しさも少しだけ感じています・・・。
これから家を建てられる方へ
これから家を建てられる方や新栄住宅へのメッセージ
家を持とうと考え始めた当初は、金銭面の課題もあり、建売住宅や中古住宅でもいいかなと思っていた時期もありました。しかし今回、自分たちだけの家をつくる経験を経て、自分の理想を形にした家に住むということは、その家とその家で暮らすこれからの人生に誇りと責任を持つことであると感じています。
そして、素人の私たちがその作業を進めていくためには、自分たちの思いを伝え理解してもらい、お互いに信頼できるプロのパートナーを得ることが重要です。私たちにとって新栄住宅さんに出会えたことは、本当にラッキーだったと思っています。
打ち合わせやメールのやり取りでは素人丸出しの私たちでしたが、嫌な顔一つせずに温かく完成まで導いてくれました。「まごころの住まいづくり」のキャッチフレーズは伊達ではありませんでしたね(笑)。
新栄住宅の皆さんのお力添えがあっての我が家です。
これから大事に、楽しく暮らしていきたいと思っています。ありがとうございました。