• お問い合わせ・資料請求
  • 053-460-0211

三方原町 和みの家

三方原町 和みの家
新栄住宅との出会い
これまでも冷やかし程度に他の住宅会社の見学会に行った事はありましたが、新栄住宅さんは、今まで私達が持っていた住宅会社のイメージとは全く違うものでした。  行きがけに「マンツーマンで張り付かれるのも、景品攻めで帰りにくくなるのも嫌だなあ・・・」と話しながら会場に向かうと、その会場を一旦通り過ぎてしまい、「あれ?やってるの?」という感じの見学会。 強要も、間髪入れずの質問攻撃も無く、「まあ、興味があったら見ていってください」と、風貌も対応も営業らしくない、アドバイザーの古川さん。 会社のビジネスよりも、「そもそも家というものは・・・」と、家に対する思いを熱く語る、風貌も対応も社長らしくない、社長の塩澤さん。
そんな、今まで持っていた住宅会社のイメージを打ち砕くと共に、建物自体も、新築特有の塗料や薬品の臭いが一切無く、どこか懐かしい雰囲気と木の温もりに包まれ、「あ、何か落ち着くなぁ・・・」と、見学会でありながら寛いでしまったのが最初の出会いでした。(結局、その見学会には、妻の要望もあり、2回も足を運んでしまいました。)
家づくりの思い出
土地探しからのスタートのため、「まあこんなもんは数年単位の長い目で・・・」と思っていたら、すんなりと候補地が決まり、これは運命だと腹を決めました。当初は設計図でイメージが掴めず、いくつものプランを見ながら、あれこれと家族で議論しました。なぜ、家を建てる必要があるのか?ということを第一に考え、プランを詰めていくことは苦労しましたが、自分たちの要望に対し、新栄住宅さんのセンスとノウハウで表現して頂き、少しづつ理想が形になっていくという過程が大変嬉しく感じました。
設計の鈴木さんの提案を、古川さんと幾度も会話し、詳細内容については女性設計士の山口さん、監督の馬場さんも加わり、楽しく進める事が出来ました。
建築中は、厳選されたプロ集団に囲まれ、アットホームな雰囲気の中、皆様に汗を流して頂き、とても感謝しております。 そして何よりも、この家作りに当たり、妻や子供の笑顔をたくさん見れた事が一番の良い思い出です。
これから家を建てられる方へ
家賃の損得、知名度、安さなどで家作りをされるくらいなら、絶対賃貸の方が良いです。一般的な家の価値なんて、所詮そんなもんだと思った方が賢明です。私たちも賃貸派でしたが、新栄さんの家を見て、そしてその家での生活をイメージした結果、この生活スタイルは賃貸では実現できないと思い、決断に至りました。
何を重要視するのかは、それぞれの人の自由だと思いますが、外してはならないのは「何故、家を建てるのか」、「どんな暮らしがしたいのか」です。まずは、これを明確に定義することが大事だと思います。それが決まれば、多くの知識と情報を入手し、自分自身も勉強して、家作りを楽しんでください。でも勉強したところで素人は素人ですし、100点の家なんて絶対に無いですから、専門家の方々のアドバイスを取り入れ、なるべく理想に近づけるように、多くのコミュニケーションを図る事をお勧めします。
家作りを検討されている方、特に興味が無ければ結構ですが、興味が有る方は一度、新栄さんの展示場や、完成見学会に足を運んでみてください。 正直、言葉では表現出来ないのです。それが一体何なのか・・・、体感されてみるのが一番だと思います。